kakashi.gif

2008年01月31日

実写映画 魁!男塾

男塾観てきた!

男塾でありながら、完全に坂口拓の映画であるという、もう何というか予想通りで実に清々しい出来栄え。
第一世代=ブルース・リー。第二世代=ジャッキー・チェン。そして第三世代アクション=タク・サカグチ。このチラシの煽りからして素晴らしいというか、ちょっとハッタリ効かせ過ぎというか。まあともかく我らがスピードマスター、タク・サカグチの映画ですよ!
男塾にスピード感あんまりいらないよねとか若干思ったけど、そんなの気にしてはいけません。もう何というか、完璧にいつもの坂口拓の映画なので、そこが許せる人は劇場へゴォ!

着ぐるみと闘う虎丸とか、女子高生と戯れる照英とか、殴りあう二人とか、男塾の校庭に遊具が充実してたりするけど、たぶんツッコんだら負け。吹いても負け。
男が命を賭けて作り上げた映画なので、笑ったりしたら懲罰房行きにて男塾名物、双生独居房の刑。もしくは油風呂で富樫と混浴。
まあただ、月光の鋼の腹筋がたゆんたゆんだったのはさすがに耐えられなんだ……。他は何とか耐えたんだがなあ。鋼には見えないよ、あの肉は。


坂口拓らしさを前面に押し出した今作のアクションは、男塾らしくはないんだけど、原作を意識しすぎて持ち味を失ってしまうよりは良かったと思う。
アクションに関しては、男塾と坂口拓のどちらに思い入れがあるかで評価は分かれる気がします。男塾と坂口拓がどちらも好きな人にはぜひとも観ていただきたい映画です。


posted by かかし at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

京都もついに雪が積もりそう。寒くて夜中に目が覚める。
去年は11月まで半袖で過ごせそうな気候だっただけに、今年に入ってからの急激な冷え込みは非常にこたえる。

早く春にならんかなー。
posted by かかし at 03:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

破損続き

商品の郵送中の破損が相次ぐ。クロネコさんしっかりしてくれよ……。

我慢ができなくなってついうっかり世界樹の迷宮を買ってしまう。時間がー。

しかしこれだけガリガリとキャラが死ぬRPGも珍しい。新しい敵と出会うと大抵一撃で屠られてしまう。ウィズでもここまで辛くなかったぞ……。
そういえばDS起動するのっってものすごい久しぶり。数陣タイセン以来。


世界樹の迷宮(特典無し)
アトラス (2007/01/18)
売り上げランキング: 127

posted by かかし at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

むむむ……。

トラブルが相次ぎ大きく慌てる。これを機に気を引き締めよう。

倉阪鬼一郎の『四神金赤館銀青館不可能殺人』を読む。非常にバカ。もう大好き。

何を書いてもネタを割ってしまうような気がするので、内容については触れない。あからさまに分かるように書かれているので、勘の良い人なら最初の数頁でネタが読めてしまうだろう。しかしバカだよなあ。

それにしてもアマゾンレビューの点数はあまりにあまり。脱力系なのに妙に真面目なのがイカンのだろうか……。


四神金赤館銀青館不可能殺人 (講談社ノベルス)
倉阪 鬼一郎
講談社 (2007/07/06)
売り上げランキング: 61041
おすすめ度の平均: 1.5
1 本格…いやバカミスかなぁ
2 釈然としない気分の残るミステリ

posted by かかし at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

あけましておめでとうございます

気が付いたら年が明けて一週間以上経っている。前の投稿は去年の11月だし放置しすぎだ…。

まあのんびりやろう。
posted by かかし at 04:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。