kakashi.gif

2006年02月27日

荒川徹:十兵衛両断

北上次郎大絶賛の荒山徹を読んでみた。
確かにこれは面白いわ。

山田風太郎にも通じる奇想で柳生一族が偏愛されており、どのような人生を送ってきたら、このような話が思いつくのかさっぱり分からない。
ニセ柳生宗矩一号二号三号という存在を生み出すセンスは、常日頃から全ての物事を柳生に結びつける訓練をしていないと到底身につきませんよ。
万人には進められないが、普通の話に飽き飽きしてる人は読んでみて下さい。

ちなみにアマゾンで書誌情報を確認したら、「駿河城御前試合」を一緒に勧められた。読者層モロかぶりなんだなあ。


十兵衛両断
十兵衛両断
posted with amazlet on 06.02.27
荒山 徹
新潮社 (2005/09)

posted by かかし at 06:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック