kakashi.gif

2004年09月30日

本に帯は不要?

「本に帯は不要」論

うーむ、個人的には、本にはあまり帯は重要ではないと思うけど、売る方にしてみれば端的に内容を要約できるスペースとして、帯は便利な存在なんだろうと思う。

腐るほど本が出版されている日本では、少しでも購者にアピールする必要があるわけで、まったく帯無し、情報の提示無しで新刊を売るということは、すでに冒険の領域ではないかと。情報の提示はソデとかカバー裏で充分じゃないかという考えもあるだろうが、手にとるよりも、眺めるだけの人が圧倒的に多いわけで、視線だけで本を選択している人に訴えるには、やはり帯が最適じゃないかと。
今流行の「手書き風」ポップも、明らかに眺める客にポイントを合わせた戦略だし。

まあ、帯をつけようがつけまいが、売れない本は売れないわけで、実際は販促の効果よりも、売り手の精神安定の効用の方が大きいような気がします。つまり気休め。
posted by かかし at 20:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも、京極夏彦が帯び書くとか、
清涼院流水のような者が書くとかで、
販売数変わるってのも聞いたことありますよぉ。
そのファンが釣られて買う、みたいな。
Posted by もりゃ〜ま at 2004年10月04日 23:35
京極とかに推薦させると、確かに販促効果はあるみたいだね。誰の推薦が一番販促効果が高いか、誰か調べてくれないかしら。

そういえば、新本格は帯に推薦のコピーが載るのがあたりまえみたいになってるけど、古書で買うときに無いとわからなくて困るので、できればカバー裏にも書いておいて欲しいなあと思う。

あと、流水の推薦で販売部数が伸びるのは、世間が間違っているのだと思います。
Posted by かかし at 2004年10月05日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック