kakashi.gif

2013年08月14日

「風立ちぬ」とタバコと禁煙と

「風立ちぬ」の喫煙描写に苦言、日本禁煙学会がスタジオジブリに要望。

描かれている時代の背景とか文化とかを一切無視して、喫煙描写を槍玉にあげるっていうのは、もうこれは禁煙ファシズムってやつじゃないのかなあ。
当時タバコは害悪とまではされていなかったし、恩賜のたばこというものもあった。空腹を喫煙でまぎらわすという話しも聞いた。
宮崎駿監督も当時の背景を調べ、十分に考えた末に喫煙描写が必要だと感じたから、そう描いたのだろうし、過去の状況をすべて無視して、現代の感覚や法律を遵守して描写しなければならないとなると、歴史を題材したものは創作できなくなってしまうんじゃないかな。
日本禁煙学会理事長の作田学さんは1947年生まれ。戦後生まれの人間が、戦中の喫煙描写なんてなくてよい、なんて簡単に言ってしまうのはちょっとどうなんだろ。


禁煙ファシズムと戦う (ベスト新書)
小谷野 敦 斎藤 貴男 栗原 裕一郎
ベストセラーズ
売り上げランキング: 179,670




posted by かかし at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

実写映画 魁!男塾

男塾観てきた!

男塾でありながら、完全に坂口拓の映画であるという、もう何というか予想通りで実に清々しい出来栄え。
第一世代=ブルース・リー。第二世代=ジャッキー・チェン。そして第三世代アクション=タク・サカグチ。このチラシの煽りからして素晴らしいというか、ちょっとハッタリ効かせ過ぎというか。まあともかく我らがスピードマスター、タク・サカグチの映画ですよ!
男塾にスピード感あんまりいらないよねとか若干思ったけど、そんなの気にしてはいけません。もう何というか、完璧にいつもの坂口拓の映画なので、そこが許せる人は劇場へゴォ!

着ぐるみと闘う虎丸とか、女子高生と戯れる照英とか、殴りあう二人とか、男塾の校庭に遊具が充実してたりするけど、たぶんツッコんだら負け。吹いても負け。
男が命を賭けて作り上げた映画なので、笑ったりしたら懲罰房行きにて男塾名物、双生独居房の刑。もしくは油風呂で富樫と混浴。
まあただ、月光の鋼の腹筋がたゆんたゆんだったのはさすがに耐えられなんだ……。他は何とか耐えたんだがなあ。鋼には見えないよ、あの肉は。


坂口拓らしさを前面に押し出した今作のアクションは、男塾らしくはないんだけど、原作を意識しすぎて持ち味を失ってしまうよりは良かったと思う。
アクションに関しては、男塾と坂口拓のどちらに思い入れがあるかで評価は分かれる気がします。男塾と坂口拓がどちらも好きな人にはぜひとも観ていただきたい映画です。
posted by かかし at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

観てきた。とりあえず綾波はサービスしすぎ。

初日に行ったのだけど、映画の日というのを差し置いても大入り。上映一時間前に並んだのだが、取れたのは前から二列目。スクリーン近くに座るのはスターウォーズエピ3以来か。

映像と設定が強化された総集編なんだけど、その映像がかなり楽しい。使途の演出も先鋭化されており、ウネウネ動いているのを見ているだけで結構興奮します。死ぬと血の雨降るし。
特にラミエルはまったくの別物。分離結合トランスフォームとやりたい放題。ラミエル戦ことヤシマ作戦は他の描写も気合入ってるので、ただの総集編ではないかと懸念している人は騙されたと思って観てみてください。

エヴァに関しては何故かフォトンブラッドっぽい演出になっているけど、装甲が光るって設定あったっけ?

公式アナウンス通り、序のシナリオは旧作から大きな変化無しなんだけど、最後に出てきた渚カヲルが思わせぶりなことを呟いていた。どうもループものになっているみたい。序盤にも怪しい描写があったので、旧作から繋がっている可能性は高そう。

そういえばエンドテロップで何人か席を立っていたが、今ごろ悔しい思いをしているのではないだろうか。

次は2008年。年末くらいな気がする。

コンティニューvol.35
コンティニューvol.35
posted with amazlet on 07.09.02
みうら じゅん/吉田 豪/中村 一義/氷川 竜介/藤津 亮太/パフューム/南波 杏/田中 圭一/青山 景/押切 蓮介
太田出版 (2007/08/16)
売り上げランキング: 94

posted by かかし at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

トランスフォーマー二回目

今度は吹き替え版をみる。冷房が効きすぎて眠たくなったが、気合でなんとかする。今度は長袖持っていこう。

二回目だとやはりコメディパートがかったるく感じる。今の半分でもいいくらい。
また前回はあまり気にならなかったが、「私にいい考えがある」的な言動が多すぎることに気が付いた。スパーハカーに国家機密を見せてみたり、キューブを街に隠そうとか。特にキューブを街に隠そうはいいアイディアでもなんでもないと思うぞ国防長官。結局市街戦で被害拡大してるし。
しかし普通の映画なら粗かもしれないが、トランスフォーマーというだけで魅力になるから不思議だ。

めまぐるしく動くから初見では分からなかったのだが、バリケード(デストロンのパトカー)が気が付いたらいなくなっていた。一緒に観に行った先輩に問うたら、ボーンクラッシャーとほぼ同時に破壊されているらしい。何故かやられるシーンはカットされているとのことで、この辺りはDVDで追加されそう。
スタースクリームの動向とか映画だけだと若干分かり難いんだけど、小説版では内面描写バリバリで解説されているという話も聞くので、一回読んでみるべきかもしれぬ。

幼児期にザラっとみただけなので、アニメを通しで見直してみたいけど、DVDはしっかりプレミア価格。
ガッカリしていたら先の先輩にヤフー動画で無料配信中との情報をいただく。これは嬉しい。見よう。


トランスフォーマー (ハヤカワ文庫 SF フ 15-2)
アラン・ディーン・フォスター 中原 尚哉
早川書房 (2007/07)
売り上げランキング: 2186


戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー DVD-BOX1
パイオニアLDC (2000/12/22)
売り上げランキング: 33000
posted by かかし at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

百獣王ゴライオン 20世紀フォックスで映画化 米ヴァラエティ誌

百獣王ゴライオン 20世紀フォックスで映画化 米ヴァラエティ誌

企画ちゃんと動いてるねー。このままだとスクリーンでゴライオンが観れるかもしれませんよ?

実写映画に先駆けて、日本ではゴライオンをリメイクしたりしないのかしら。誰も望んでいないかも知れないけど俺は見たい。

そういえばまだゴライオンはDVDになってないんだよね。番組自体は東映特撮アニメアーカイブスで配信されているから、見れないことはないんだけど期間限定だしなあ。
posted by かかし at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

「魁!男塾」実写映画化

「魁!男塾」実写映画化…坂口拓3役だ主演&脚本&監督

実写映画「魁!男塾」の情報が公開され始めた。
エキストラの人がブログで、監督が坂口拓ということだけは漏らしていたけど、監督だけじゃなくて脚本、主演もなのか。適材適所にもほどがある。

富樫源次役は33歳の照英。伊達臣人は38歳の榊英雄。この分だと設定年齢よりもはるかに歳をくったキャストが集っていることだろう。個人的には松尾、田沢が誰なのかが凄く気になる。そして松尾のあの髪形は再現されているのか。田沢は九九八十八と叫んでくれるのか。今からワクワクするのう。

実写以前には一度アニメになっているけど、確か途中で打ち切られたんだよね。ジャンプアニメで打ち切りって珍しいと思うんだけど、よほど人気が無かったのか。それとも何か問題があったのか。

公開が楽しみだが、果たして関西で上映されるのだろうか。

ANIMEX 1200シリーズ99 魁!!男塾 音楽集
TVサントラ 一世風靡SEPIA SEPIA 芳野藤丸 命 石田勝範
コロムビアミュージックエンタテインメント (2005/03/23)
売り上げランキング: 33038


魁 ! 男塾 DVD-BOX
魁 ! 男塾 DVD-BOX
posted with amazlet on 07.08.08
ハピネット・ピクチャーズ (2004/12/21)
売り上げランキング: 17569

posted by かかし at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

トランスフォーマー

観てきた。

この映画がアルマゲドンのあとに製作されたことは非常に幸運だと思う。酷評の味を知ってしまったら、そりゃその先まともなもの作らざるを得ないわな。「アルマゲドンの100倍凄いぜ!」

基本的にはアニメ準拠。ハリウッドにありがちな原作クラッシュも特に無く、画面からは溢れんばかりの愛が感じられた。CGを駆使したトランスフォームだけでも十分に見る価値がある。

コンボイの作戦立案能力が原作準拠だったのも良かった。「私にいい考えがある」とは言わなかったけど、あれはまさしくコンボイ指令。デストロン側もメガトロン様のスタースクリームへの第一声が「またしくじったか」だったのも良し。スタッフは色々分かっている。ちなみに劇中では英語名が優先されているので、「コンボイ」は「オプティマスプライム」、「デストロン」は「ディセプティコンズ」だったりする。

良い映画だったが若干の難を挙げるとすれば、トランスフォーマーたちのCGが複雑すぎて、格闘戦になると画面上で何が起こっているのか分からなくなることがあったことか。劇場では後ろの席を取るのが吉。前過ぎると字幕と映像の同時把握が困難になるかも。あと凄腕ハッカーの描写はそろそろ何とかならんものかね。

劇場を出るとき、オチがよく分からなかったという女性に対して必死で解説している男性というカップルを見かけたが、日本版準拠の単語で説明しても余計混乱するだけだと思うぞ。一度もコンボイとかデストロンとか劇中で使われてないし。


トランスフォーマー (ハヤカワ文庫 SF フ 15-2)
アラン・ディーン・フォスター 中原 尚哉
早川書房 (2007/07)
売り上げランキング: 927


トランスフォーマー アルティメット・ガイド
サイモン・ファーマン 石川 裕人 楯野 恒雪
ジャイブ (2005/02/01)
売り上げランキング: 7661

posted by かかし at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

プレステージ

見てきた。前段階として鑑賞券を探しに金券ショップを回ったのだが、見つからず徒労。行ってみたら開店二周年記念とかで勝手に安くなってやがってさらに疲労増大。もうまったく完全に無駄な努力。安いのは嬉しいけど何か色々悔しい。

内容だが色々笑い所が多くて非常に楽しめた。ゲラゲラ笑いながら見ていたのだが、後ろのカップルが、結構怖い話だよねと漏らしたのを聞いて驚愕した。普通で考えたら確かに怖い話なんだよなあ、これ。純真さを取り戻す努力でもするべきだろうか?

奇術師達の人生泥仕合も中々アレだったが、やはり注目すべきはテスラ謹製のビックリドッキリマシンだろう。あんなものポコポコ作ってたら、そりゃエジソンも凄い勢いで暗殺しに来るわ。
このあたりはテスラについてある程度知識がある方が楽しめるかも。荒唐無稽な機械なのだが、テスラという人物を知っていれば妙なリアリティを感じられて面白い。テスラならあれくらい作っていても不思議ではないですよ?

原作がまだ未読なのでさっさと読みたいのだが、問題は買ったのかどうか全く覚えていないということだ。借りたほうが早いかなあ。

〈プラチナファンタジイ〉 奇術師
〈プラチナファンタジイ〉 奇術師クリストファー・プリースト 古沢 嘉通

早川書房 2004-02-10
売り上げランキング : 2006

おすすめ平均 star
starミステリー、SF、ホラー。三位一体小説の不思議の手わざ
star二人の奇術師の名声をかけた確執
starチャイニーズ・リンキング・リングのように

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

発明超人ニコラ・テスラ
発明超人ニコラ・テスラ新戸 雅章

筑摩書房 1997-03
売り上げランキング : 191629


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by かかし at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

ゲド戦記原作者がお怒りの模様

心オナニー ゲド戦記原作者がお怒りの模様 (移譲記章

あんまりにも評判が悪いので、映画はまだ観に行ってないのです。
ところで、ハヤカワのル・グイン品切れ具合はどうなのか。
今こそ売り時だと思うんだけどなあ。

posted by かかし at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

MI:3

先輩に誘われたので、せっかくなのでTOHO二条までふらふらと。
で、MI:3。

前二作、実は観ていないのですが、先輩によるとトムの単独行動ばかりで、まったくスパイ大作戦していなかったらしい。
そういえばどっかで、スパイ大作戦だと思ったらトムが俺が俺がと前面に出てきて、これじゃオレオレ詐欺だとか書いてあったような気がしなくもなく。

そんな評判ばかり聞いていたので、超人トムの大活躍を見せ付けられるんじゃないかと懸念していましたが、今回はちゃんとチーム戦してました。連携を取ってミッションをこなしていく部分は普通に面白かった。

問題は、ラストに近づくにつれて急激に脚本が荒くなっていき、悪役の行動がどんどん粗忽かつ迂闊になっていく点か。


posted by かかし at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

7人のマッハ!!!!!!!

7人のマッハ!!!!!!!

ものすごい明後日のベクトルへ飛んで行っちゃった!
ストーリーは前作(仏像を取り戻せ!)の数億倍スケールの大きい話ですが、見るからにB級の匂いが漂ってくるのは何故だろう。
posted by かかし at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

チャーリーとチョコレート工場の秘密

公開してすぐに観に行ったのだが、周りは女性で一杯だった。
やはりジョニー・デップは女性の何かをくすぐるらしい。

見どころはジョニー・デップの怪演とウンバ・ルンバのダンスシーンでしょうか。悪い子を生贄に踊り狂う姿はさながら悪鬼羅刹のよう。それを見て手を叩いて喜ぶジョニー・デップも恐ろしいことこの上ない。悪いことは出来ねえなあ。とりあえずこれが欲しくなった。
あと、子役の演技がやたら上手いのが良かった。よくもまあこんなに小憎たらしい演技ができる子ばかり集めたものだ。


チョコレート工場の秘密
R・ダール Q・ブレイク 柳瀬 尚紀
評論社 (2005/04/30)
売り上げランキング: 57



Charlie & The Chocolate Factory - Head Knocker: Oompa Loompa
ネカ (2005/09/15)
売り上げランキング: 357


Charlie & The Chocolate Factory - 18 Inch Talking Figure: Willy Wonka
ネカ (2005/08/31)
売り上げランキング: 844

posted by かかし at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

ミラーマン復活

ミラーマン:人気ヒーロー、35年ぶり映画で復活STAR LIGHT PARADE

意外なヒーローの復活なわけですが、どういう経緯で映画化の企画が通っただか。
いくらリバイバルブームっていっても、ミラーマンってそんなに知名度があったわけでもないし、映画にして採算がとれるとも思えないのだが。

まあ、知名度に関してはこいつのおかげで一部の界隈ではうなぎ昇りなわけで、タイミングとしては確かに良いのかもしれないけれど。まさか企画が出たのって、これのせいじゃないよね。


公式:ミラーマン

関連:『ミラーマン』を冷静に見る


B000AJOF1Gミラーマン DVD-BOX 1
特撮(映像) 石田信之 宇佐美敦也

バップ 2005-11-23
売り上げランキング : 221
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by かかし at 00:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

映画:「姑獲鳥の夏」

世間ではなにやら辛い評判。悪評の殆んどは演出に集中しており、これは観客が求めている演出と、実際の演出のズレが原因だろうと思う。

京極堂を例にとってみる。
映画での京極堂は登場人物の一人にすぎず、憑物落しという大役を担うものの、印象としては脇役に近い。
京極夏彦自身は以前から登場人物は、全体を構成する部品にすぎないという趣旨の発言をしており、それから考えると映画の京極堂の扱いは京極夏彦自身のイメージに近いのだろう。映画ではこの発言を汲んで演出をしていると思う。
しかし「姑獲鳥の夏」をキャラクター小説として読んだ者にとって、京極堂は快刀乱麻を断つ名探偵であり、近代の陰陽師を体現するいわばヒーローのような存在だ。映画で観たかったのもヒーローとしての京極堂だろう。しかし実際の演出は違う。

京極堂が陰陽師として出陣するシーンだが、このとき京極堂はだらだらと坂道を普通に降りて来くる。クライマックスへの始点であるこのシーンは、普通に考えるならば一番の見せ場になるべきだし、映える演出はいくらでも考え付くはずだがそうは撮らない。
これは作品のテーマの一つである、日常と非日常は連続しているというものを意識した演出なんだろうけど(これは淡々とした憑物落しの場面でも感じた)、このような演出は必然的に京極堂をスポットから外すことになる。
個人的にはこれでも良いと思うのだけど、このあたり気に入らない人は多いんじゃないかなあ。


「姑獲鳥の夏」公式


文庫版 姑獲鳥の夏
文庫版 姑獲鳥の夏
posted with amazlet at 05.08.13
京極 夏彦
講談社 (1998/09)
売り上げランキング: 261


姑獲鳥の夏PerfectBook
姑獲鳥の夏PerfectBook
posted with amazlet at 05.08.13

宝島社 (2005/07/07)
売り上げランキング: 1,054


映画「姑獲鳥の夏」OFFICIAL BOOK
講談社
講談社 (2005/07/13)
売り上げランキング: 2,852



posted by かかし at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

宮内洋が立花藤兵衛役でビックリ

仮面ライダー THE FIRSTの公式サイトを見ていたら、宮内洋が立花藤兵衛役で出演していることに気付きビックリする。
どんな立花藤兵衛やねん。
宮内洋の立花藤兵衛なら、ライダーがいなくてもショッカーぐらい潰滅させそうな気がしてくるので恐ろしい。

仮面ライダー THE FIRST公式


仮面ライダーV3 BOX
仮面ライダーV3 BOX
posted with amazlet at 05.08.08
東映 (2002/12/06)
売り上げランキング: 17,807


仮面ライダー1号・2号 BOX
東映 (2002/07/21)
売り上げランキング: 18,388




快傑ズバットBOX
快傑ズバットBOX
posted with amazlet at 05.08.08
東映 (2004/09/21)
売り上げランキング: 13,269

posted by かかし at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

映画:アイランド

休みを取ったので、何となくTOHO二条へ映画を観に行く。
「姑獲鳥の夏」にしようかと思っていたのだが、時間が中途半端で長時間待たねばならなかったので断念。結局「アイランド」にする。

続きを読む(ネタバレあり)
posted by かかし at 21:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

SWEP3:グリーバス将軍について

本上映も始まり、各地で感想盛りだくさんのEP3。
中でもグリーバス将軍の弱さについては数多くの人々が言及している様子。
確かに本編での見かけ倒しっぷりと、胴体の隙間から内臓が見えているという構造的欠陥には、余人もれなく驚嘆してしまうところ。
上映前はあんなに期待させておいて、このクソ虫め!

いや、本当は強いんだって、グリーバス将軍。
ただ、その強さはアニメのクローン大戦見ないと堪能できないんだけど。
なんでゲホゲホ言ってたのかとか、なんで内臓が剥き出しになっているのかなどの数々の疑問は、クローン大戦を見れば解決します。
ただ唯一の問題は、現在メディア化されているのがファーストシーズンのみで、セカンドシーズンはカートゥーン ネットワークでしか見れないってことかな。
セカンドシーズンはEP3に直接繋がる内容なので、見てないと分からないところとか色々あるんだけどなあ。

メイス・ウィンドウや、他のジェダイマスターもとんでもなく大活躍するので、EP3本編でジェダイの脆弱っぷりにガッカリした人は、何とかしてクローン大戦シリーズを見てみてください。ちなみにオビ=ワンはいつもと変わりません


スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/05/27)
売り上げランキング: 15


スター・ウォーズ エピソード 3

おすすめ度の平均: 4.78
5 アナキン、愛と魂の破局
5 トリロジーとサーガ
5 素晴らしい!

posted by かかし at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

忍-Shinobi

山田風太郎の傑作小説「甲賀忍法帖」を映画化した「忍-Shinobi」が9月17日から公開される。

まあ「バジリスク」人気の追随だろうしあまり期待していないのだが、公式サイトに行ってなけなしの期待感も雲散霧消。

まず原作では10対10の対決なのが、半分の5対5に。
確かに10対10だと映画の尺に収めにくいというのも分かるが、多分5対5だと呆気ないぞ。

残っているのが比較的普通の人物ばかりで、映像化しにくい、もしくは映像化したら不味そうな容姿や技を持っている人物を軒並み削っているのは如何なものだろう。これは制作側の腰がひけているとしか思えない。
忍法帖の魅力の一つは、人を超越した容姿の忍者が、容姿に劣らぬ人外の技を繰り出し、しのぎを削るところにあると思うのだが。
あれでは普通の忍者ものと変わりませんよ。
とりあえず地虫十兵衛を出せと。

筑摩小四郎が甲賀勢にいるのもツッコミたいけど、もしかしたら脚本上の仕掛けかもしれないし、これは保留。

とにもかくにも原作をスポイルしている匂いが湧き立っているので、観に行くかどうか非常に迷いどころ。地虫十兵衛が出ていたなら確実に観に行ったんだがなあ…。


忍-Shinobi公式サイト

甲賀忍法帖
甲賀忍法帖
posted with amazlet at 05.07.12
山田 風太郎
角川書店 (2002/12)
売り上げランキング: 50,472


バジリスク-甲賀忍法帖 1 (1)
せがわ まさき 山田 風太郎
講談社 (2003/05/02)
売り上げランキング: 2,565

posted by かかし at 05:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

SWEP4

テレビでスターウォーズエピソード4がやっていたので見る。
時代を感じさせる大雑把っぷりで楽しかった。
デススターの構造欠陥が致命的すぎるのには吹いた。いくらなんでも致命的すぎるだろう。
設計図を奪われた時点で構造的な対策を立てるべきだと思うのだが。
侵入者対策もほとんど出来ていないし、内部で破壊活動をされたらどうするつもりなのだろう。

デススターの攻防を見る限り、帝国が一代で滅亡したのも頷ける。
今回帝国側は良いところがまったくなかったので、帝国の逆襲に期待しようと思う。
posted by かかし at 06:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

SWEP3

SWEP3を見ないかと円町の人に誘われたので、今までSW関連の作品を一作も享受していない身ながら、のたのたと二条の新シネコンに見に行く。

初心者には世界観がさっぱりわからず、最初は戸惑っていたが、映像の力は素晴らしいもので、さっぱりわからなくても、それなりに楽しめた。

上映終了後、オビ=ワンとか、マスター・ウィンドウが超無能ではないかとの感想を漏らすと、ジェダイは皆あんなものと教授される。
特にオビ=ワンは「五体満足で生き残る」という特性以外もっていないので、あまり多くを求めてはいけないと諭される。

売店でダース・ベイダーシャンプーが売っていたので少し欲しかったが、家の風呂場にダース・ベイダーが常駐しているのもどうかと思ったので買わずに劇場を後にする。


その後円町の邸でアニメのSW「クローン大戦」を観賞。ジェダイ騎士の活躍っぷりに驚愕する。
僕が劇場で見たジェダイ騎士はどう考えてもこんなに強くなかったのだが。特にマスター・ウィンドウ。SWの世界観を表現するには、実写よりアニメの方が向いているんじゃなかろうか。
posted by かかし at 02:10 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。